玄関ドア・窓選びの基礎知識

これからの住まいにあった玄関や窓ガラスを選んでいただくことで、省エネに効果を発揮し、住まいも快適になります。

選び方のポイント① 用途やデザインに合わせて適切な形状を選ぶ!

窓選びはサッシ選びから!

たとえば、LDKには光の入る大きな窓、トイレには視界部分に小さい窓など、部屋の用途によってだいたいのサッシのデザインは決まってきます。

1 2 3

 選び方のポイント② サッシの性能にも注目!

サッシを選ぶときは、断熱性能にも配慮して、複層ガラスを組み合わせたサッシをおすすめしています。

サッシを2重3重に設けるよりも、複層ガラスを組み合わせたサッシのほうが断熱性能が高いといえます。

プレゼンテーション1

選び方のポイント③ ガラスの機能はガラスの種類で大きく変わる!

ガラスの種類には、大きく分けて「一般ガラス」と「高機能ガラス」があります。その中でも一般的なのが「単板ガラス」と「複層ガラス」です。

「単板ガラス」はかつての住宅に使われていたガラスで、安価ですが断熱・防犯の機能は期待できないため、現在は車庫などの非住宅に使用されていることが多いです。

「複層ガラス」は複数枚の板ガラスを重ね、その間に空気やガスを入れた中間層を設けているガラスです。最近は住宅の高気密・高断熱化が進み、開口部にも断熱性能が求められるようになり、複層ガラスを標準仕様として採用している住宅メーカーがほとんどです。高機能ガラスのもつ機能や性能を生かすことで、遮音・断熱の効果を出したり、安全性や防犯性の高い窓を作ることも可能となります。

プレゼンテーション2

選び方のポイント④ 断熱重視か防犯重視かなど目的を明確に!

窓を選ぶときは、断熱性能を高めたいのか、それとも防犯性能を高めたいのか、目的を明確にすることが大切です。

断熱性

断熱性をより高めるには、空気層を多くとった厚めの複層ガラスが効果的になります。複層のなかでもペア(2枚)ガラスよりトリプル(3枚)ガラスのほうが断熱性が上がります。また、乾燥空気よりガスのほうが空気伝導率が低いため、中間層には空気を入れるよりガスを入れているほうが断熱性は上がります。窓がマジックミラーのように反射して見えるガラスがあります。あれはLOW-E膜と呼ばれる特殊金属膜をガラスに貼っているガラスでさらに断熱性が上がります。さらに断熱性能を高めるためにはサッシの組み合わせも重要なポイントとなります。アルミサッシより樹脂サッシのほうが熱貫流率が高いため、オールアルミサッシよりアルミ樹脂複合型サッシ、それより熱を通さないのがオール樹脂サッシとなります。(もっとも熱を通さないのは木製のサッシとなります。)ただし、価格はサッシとガラスの機能が上がるほど高くなります。ただし、窓の断熱性が高まると冷暖房効率が上がり、光熱費が抑えられるメリットもあるのでおすすめです。

3プレゼンテーション

防犯性

防犯性をより高めるためには、防犯合わせガラスが効果的です。これは2枚のガラスの間に柔軟で強靭な特殊中間膜を挟んで加熱・圧着したガラスで、ガラスを割ることはできても、中間膜が貫通を防ぎます。防犯を目的とした場合は、中間膜の厚さは、一般住居では30ミルないし60ミルのものを、店舗用としては90ミルのものをおすすめします。これにセキュリティシステムを連動させれば、侵入対策としてより高い安心を得ることができます。勘違いしがちなのが網入りガラスの防犯性です。金属製の網がガラスの中に入っていていかにも突破できなそうな見た目ですが、網入りガラスの真の目的は防火性にあるため、火事で割れても飛び散りにくいという性質を備えているガラスなのです。そのため、万が一泥棒がガラス破りをした場合、ガラス片が飛び散らないため最小限の飛び散りやガラス破りの音で侵入してしまう可能性があります。下記の図にもあるとおり、複層ガラスに防犯合わせガラスが合わさったガラスが防犯性の高いガラスといえます。

※参考データ:(財)都市防犯研究センターによる実験結果
※15・30・60ミル:中間膜の厚さの単位。ミリメートル換算で、0.38mm・0.76mm・1.52mm